ポリシー

■ 企業理念

「世の中に文化と感動を提供する」
社名の「Cultemo(カルテモ)」は「Culture (文化)」と「Emotion (感動)」というふたつの言葉を組み合わせた造語です。
「私たちの仕事は文化をつくること。そしてその活動を通し、心震わせるような感動を提供したい。」という思いを込め命名しました。


■ 品質という哲学

カルテモの常に「本当の品質」に向き合い続けてきました。
カルテモは、通常翻訳のほか、「翻訳レビュー」「品質コンサルティング」「個人出版支援」など新たなビジネスや概念に挑戦してきました。

本当に求められる品質は何か?

「カルテモは、高品質を目指しているわけではありません。」
こうお話しすると、多くのお客様がびっくりします。そして何人かは興味深く続きに耳を傾けてくれます。
でも、会社として矛盾しているこの言葉に、私たちは品質に対するポリシーを込めています。

固定概念、自己満足からの脱皮

多くの制作者は、独自の品質基準で「高品質」を目指しています。
それ自体を否定する気はありません。ただ、翻訳やデザイン、出版支援などをビジネスとして扱う上で、大切なことがあります。
「制作者の考える品質がすべての人に評価される品質とはかぎらない」ということです。

お客様の求める品質を提供する

品質には、数値化できることと数値化できないことがあります。
品質において問題になる多くの場合、数値化できないといわれている要素に関することです。
カルテモは、数値化できない要素に対してもあえて論理的な解明に挑戦しお客様の要望を実現しております。


■ ご挨拶

Culture & Emotion -世の中に文化と感動を提供する-

「カルテモ」という社名は Culture (文化) と Emotion (感動) というふたつの言葉を組み合わせた造語です。

2003年の創業時、「私たちの仕事は文化をつくること。そしてその活動を通し、心震わせるような感動を提供したい。」という思いを込め、命名しました。
それからの17年間、私たちは翻訳というフィールドをメインに事業展開してまいりました。
その歴史は、「翻訳レビュー」「品質評価」「個人出版支援」など、挑戦の連続でした。しかしこの挑戦の積み重ねが、現在のカルテモのユニークで独特のノウハウとナレッジの源となりました。

カルテモのロゴには、「カルテモの考え方が少しずつ広まっていくこと」と、「形の違う様々なお客様のご要望に柔軟に対応していく」という想いを込めました。
そして、少しずつカルテモの考えに賛同いただける輪の広がりを感じております。

いまカルテモには、社員をはじめとする最高の人材がそろっております。
高いスキルと人間性を兼ね備えたこの人々こそカルテモの宝です。

カルテモは、このすばらしい仲間と共に、「いい会社」で「つよい会社」で「面白い会社」であり続けるために、日々成長してまいります。

President
Cultemo Corporation


 会社概要

社名 株式会社 カルテモ
資本金 2,000万円
代表/役員 代表取締役:内藤 邦雄    ▷ プロフィール
取締役:片岡 温央(セールスエグゼクティブ)    ▷ プロフィール
取締役:荒木 慎太郎(翻訳品質管理責任者)    ▷ プロフィール
監査役(非常勤):内藤 高雄(杏林大学 総合政策学部 教授、国際会計学)    ▷ プロフィール
従業員 30名(社員/役員:17名、専属契約翻訳者:13名 ※ 2022年4月1日現在)
登録翻訳者 約300名
決算 12月31日(年一回)
売上高 約2億7,000万円(2021年度実績:12月決算)
金融機関 千葉銀行 新八千代支店
朝日信用金庫 東葛西支店
事業所 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-6-12 木下ビル 3F
Tel:03-5675-0160 Fax:03-5675-0161
加盟団体 東京商工会議所、江戸川南法人会、日本翻訳連盟
関連会社 株式会社 CuBE Japan(100%子会社、企業向けコンサルティング事業)

 沿革

沿革 2002年 6月 個人創業(屋号:カルテモプランニング)
2003年 1月 有限会社カルテモプランニング設立
2004年  品質評価サービス開始
2005年 2月 東京・葛西に事務所開設
2006年 2月 株式会社カルテモに改組社名変更 資本金1,000万円に増資
2006年 4月 自社運営サイト「芭蕉会議(www.basho.jp)」オープン
2009年 7月 事務所拡張
2011年  ローカリゼーション業務の本格化
2014年  機械翻訳&ポストエディット業務が増加
2016年  機械翻訳&ポストエディット業務にて年間500万ワード以上を対応
2017年  翻訳品質定義を翻訳品質基準として制定。翻訳品質の論理的定義をより明確化
2018年  トライアルによる評価をへた翻訳者登録数が200名を超える
2019年  翻訳品質基準をより詳細に改訂。あわせて翻訳プロセスガイドライン、リーダビリティガイドラインを制定
2020年  翻訳品質基準および各種ガイドライン改訂。翻訳者評価とフィードバックの標準化を推進
2022年 3月 資本金を1,000万円から2,000万円に増資
2022年 3月 株式会社CuBE Japan 設立(100%子会社)
2022年 4月 取締役 翻訳品質管理責任者に荒木慎太郎氏が就任
2022年 4月 監査役(非常勤)に内藤高雄氏が就任

Copyright © Cultemo Corporation All Rights Reserved.